加東市脱毛 その日に効果を実感できるミックス脱毛サロン 

人によっては批判が飛ぶようなジャンルのお話をしてくれたお客様。

    
\ この記事を共有 /
人によっては批判が飛ぶようなジャンルのお話をしてくれたお客様。

スヌーピーが採用された『ヤマサ鮮度生活丸大豆しょうゆ』が売っていると買っちゃいます。(特にスヌーピーファンなわけではない)
リタのKeikoです。


3時間にも及ぶトリートメントをしてくださったお客様。
その間、たくさんお話をしてくださいました。


その中で、お客様がご自身の生い立ちについてお話してくれたのですが、それがなかなか壮絶な内容でした。
もしかしたら、人によっては「やばい」とマイナスに捉えられてもおかしくないようなお話。
考え方によっては批判が生まれるかもしれないフィクションのようなお話でした。


わたしは普段から、わりと何でも面白がるタイプだと思います。
そのため、どんなぶっ飛んだお話でも受け入れられることが多いです。
特に「誰が酷い」とか「誰が可哀想」など、人からのお話では攻撃的な感情も湧かなければ同情もあまり生まれません。
それは加害者を作りたくない、可哀想な人を作りたくないという思いもあります。


アンビリーバボーなお話は、「へー!すごいな!」
シンプルにそんな感覚。


おそらく、そうでないと脱毛のお仕事もできていないかもしれません。
寄り添うことはしますが、共感はしない。
そんな感じでしょうか。


脱毛って、方法や箇所によっては痛みを伴います。
そこに共感(感情を共有すること)をしては、痛みを知っているわたしとしてはお仕事ができなくなってしまいそう。
なので、わたしはつくづく自分って脱毛のお仕事に向いているなと思うのです。


話は逸れましたが、お客様からプライベートなお話をお聞きするたび心から嬉しく思います。
そのようなお話を、わたしにしても良いと判断してもらえた。
こんな嬉しいことはないですね。


わたしを頼ってくれLiTaに来てくださるお客様に、これからも信頼していただけるよう誠心誠意努めてまいります。
いつも本当にありがとうございます😌




コメント

メールアドレスが公開されることはありません。