加東市脱毛 その日に効果を実感できるミックス脱毛サロン 

光脱毛時のジェルは、なぜ必要なのか。

    
\ この記事を共有 /
光脱毛時のジェルは、なぜ必要なのか。

最近は柿をくし型ではなくスライスして食べます。
リタのKeikoです。


光脱毛の施術の際に塗布する、脱毛ジェルについて書きたいと思います。
寒くなってきた今日この頃、冷たいジェルはヒヤッとして寒いですよね。
ジェルを塗らなければ、こんなに寒い思いをしなくて済むのにと思う方がいるかもしれません。
しかし、ジェルを使う理由があります。


どうしてジェルを使う必要があるのか、少しでもご理解いただけると幸いです。


脱毛ジェルは主な役割として、お客様の大切なお肌を守ります
エステサロンに導入している業務用の光脱毛機は、特殊な光を照射することで脱毛処理を行います。
光が肌にあたる際の温度は、約37~38度と体温よりやや高い温度です。
ほんのり温かさを感じる程度の温度ですが、人によっては熱さや刺激を受ける可能性もあります。



そのため、脱毛時にジェルを塗布する工程には、お客様の肌を熱や刺激から保護する目的があるのです。
中には痛みや熱さを感じない業務用脱毛機もありますが、そうした機器でも万が一のトラブルに備えて、ジェルの塗布を行うサロンは多いといえます。


そして、ひんやりとしたジェルは施術中の「熱い」や「痛い」といったお客様の体感を和らげる効果があります。
火傷のリスクを避け、肌を保湿する効果もあります。
また、ジェルを使用することで肌への摩擦も防ぐことができます。


ジェルを塗布することで、施術者は照射した範囲が目で見てわかります。
照射面の型がジェルにつくのです。
照射漏れを防ぐという効果もあるといえます。


肌と照射面の間にジェルを挟んだ状態で施術を行うことで、光は肌の奥へまっすぐに届きます。
もしもジェルがない場合、光が屈折してしまい効果的に光が当たりません。
ジェルを使用することで、まっすぐ毛穴にアプローチすることができ脱毛効果アップに繋がります。


メリットをたくさん書きましたが、デメリットもあります。
ジェルは冷たいので寒い時期はツラく感じることもあるし、拭き取りに時間がかかります。
ですが、安全に・肌トラブルが起きないように・しっかり脱毛効果を得るためには脱毛ジェルが必要なのです。


リタでは、防水ベッドシーツの下に暖かくなるヒートマットを敷いています。
エアコンの温風は埃っぽさや乾燥が気になるため、施術室には快適に過ごしていただけるようオイルヒーターを設置しております。


少しでも寒い・暑いといった場合には、わたしのお喋りを遮ってでも教えていただけると有り難く存じます。
ご遠慮なく、お申し付けください😊

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。