加東市脱毛 その日に効果を実感できるミックス脱毛サロン 

脱毛は、なぜ定期的に通う必要があるのか?

    
\ この記事を共有 /
脱毛は、なぜ定期的に通う必要があるのか?


IPL光脱毛を操ります、リタのKeikoです。(普段サングラスしていません。)


「脱毛って2~3年とか通わないとあかんよな~」など、なんとなく何回か施術をしないと毛が減らないということは、ほとんどの方がご存知かもしれません。


では、なぜ定期的に何回も通う必要があるのでしょうか?


それは、毛の生えるサイクルが関係してきます。
今回は、毛周期(もうしゅうき)についてお話したいと思います。


毛周期というのは、簡単にいうと『毛が生え変わる周期』のことを言います。


毛には「成長期→退行期→休止期」があり、IPL光が反応するのは毛乳頭(下記図の毛の根元のピンクの点部分)と毛が繋がっている成長期の毛だけです。


下記の図でいいますと、上段の3つの毛。
赤ちゃん成長期の毛・子ども成長期の毛・大人成長期の毛。
赤ちゃんの毛と子どもの毛は、まだ肌の上に出てきていない短い毛を指します。
大人の毛というのは、肌表面に生えている(剃りたくなる)毛のことです。


退行期の毛がどういう状態の毛かと言いますと、お風呂に入った時や髪をブラッシングした時に勝手に抜け落ちる毛ってありますよね。
あの、全然痛みもなく毛が抜け落ちる状態(毛乳頭と毛が離れている)が退行期です。


休止期というのは毛乳頭と毛が離れ、毛が完全に固着力を失っている状態のことを言います。
毛は成長をしていないので、自然に抜けます。
毛乳頭は次の成長期がくるまで、活動を休止します。


その後、休止期(2か月~1年など※部位によって異なる)を終えると、再び成長期に入ります。
この毛のサイクルを毛周期といいます。


例えば男性の髭であれば、毛周期が約3週間と短いです。(個人差あります。)
なので、効率よく髭を減らしたい(薄くしたい)場合は3週間ごとにIPL光を当てることをおすすめします。 


脚や腕などであれば、1か月半〜2か月ごとの照射が1番効率よくスムーズに脱毛を進めていただけます。


ちなみに、毛周期を無視して2週間や1か月で光を照射すること自体は、もちろん可能です。
でも、どうせなら出来るだけ効果が見込めるタイミングで光を当てた方が良いと思いませんか?


時間もお金もかかりますからね。
それに頻繁に光脱毛をすると、どうしても肌負担が大きくなってしまいます。
お肌の乾燥など、肌トラブルの原因にもなり得ます。


光を照射すればするほど、早く多く毛がなくなっていくというわけではないのです。
これは毛のサイクルである毛周期のことを知っていれば、ご理解していただけるかと思います。
やるなら効率よく、より多くの毛に効果を期待できる時期に照射していただきたいなと考えています。

Comment

  1. […] ミックス脱毛というのは、ワックスとIPL光の2種類を組み合わせた脱毛方法。特に毛が太くて密集している部分のVIOはIPL光脱毛だけですと反応する毛量が多すぎて痛みを伴います。そのため脱毛がはじめての方には、まずワックスで大人の成長期の毛と退行期の毛を抜いて、そのあとに赤ちゃんや子どもの成長期の毛に光を照射する方法をおすすめします。(成長期・退行期についてはこちらの記事をご覧ください。) […]

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。